ネット予約

お問い合わせ

朝霞フォレスト歯科・矯正歯科 ロゴ

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台3-20-1

カインズ朝霞内 / 駐車場出入り口近く

048-424-7548

平日は19:30まで / 土日も診療

ヘッダー波線
 

小児歯科

小児歯科と一般歯科は何がちがうの?

小児歯科イメージ写真

小児歯科と一般歯科の治療内容に大きな差はありませんが、子供の歯や顎の成長をどれ位理解して治療をすすめてくれるかに差があります。

小児歯科に通う子供(0~15歳位)は、『乳歯が生える→乳歯が抜ける→永久歯が生える』という大きな変化の真っただ中にいます。

また、それに伴って顎の大きさも大きく成長します。小児歯科はこれらの変化を踏まえた上で将来起こりそうな問題を防ぎながら、大人になった時の健康なお口と体のサポートをするエキスパートなのです。

生えたての歯は虫歯になりやすく進行もはやい

お母さんにご飯を食べさせてもらっている赤ちゃんの写真

生えたての乳歯・生えたての永久歯は大人の歯に比べると虫歯になりやすいです。生えたての歯は歯の表面が粗く汚れが付着しやすいことや、歯自体がやわらかいためです。

また、歯がやわらかいことで虫歯があっという間に進行します。

歯は唾液に含まれるカルシウムによって少しずつ硬くて虫歯に強い歯になっていきますので、それまではご自宅での仕上げ磨きの他にフッ素塗布・シーラントで虫歯を防ぎましょう。

フッ素塗布

フッ素は歯の再石灰化を促したり歯質を強くする効果があります。2~3ヶ月毎に塗り直しが必要です。

シーラント

生えたての奥歯の溝に歯科用プラスチック(レジン)を埋めることで、汚れがたまり虫歯になることを防ぎます。レジンは時間と共にすり減ってしまうため6ヶ月毎に埋め直しが必要です。

乳歯だから虫歯になっても良い、は間違い

歯医者で診察を受けるこどもの写真

乳歯は永久歯が生えてくるときに抜けてしまいます。だからと言って「乳歯だから虫歯になっても良い」と甘く考えてはいけません。

小さいうちに虫歯で乳歯を失うと、空いたスペースに向かって隣の歯が倒れるように移動してきます。すると、いざ永久歯が生えてこようとしてもスペースがありません。隣の歯が斜めに生えて歯並びも悪くなっているため矯正が必要になります。

また、乳歯は永久歯が生える時の目印の役割もしています。

目印となる乳歯がないと本来永久歯が生える場所とは違うところに永久歯が生えてくる心配があります。

乳歯は抜けてしまう歯ですが、永久歯とのバトンタッチにも影響しています。

きちんとバトンタッチができるよう、まずは乳歯が生え始めたら虫歯になっていなくても一度ご来院ください。歯のケアの方法などをお伝えします。

おすすめ

マウスピース矯正
インプラント
部分矯正 ギコウアライナー
セラミック

ご相談、ご予約は
お気軽にご連絡を!